シーンに応じた、結婚式のスタイルはこれ!

親族だけでゆったりと過ごしたい

親族だけに結婚を披露する場合は、料亭などの和室やレストランの個室で行うスタイルがあります。食事をしながら歓談することが主で、記念品や和服などの衣装はサポートしてくれます。装花や写真撮影など新郎新婦の要望に応じていろいろなオプションがあります。

ゲストハウスでゆったりと過ごしたい

ゲストと一緒にゆったりと過ごす場合は、ゲストハウスの貸し切りがあります。チャペルや神殿や人前式の会場と食事ができる披露宴がセットになっています。控室もゆったりとしていますし、広場や水辺などがありゲストが待ち時間を有意義に過ごすことができます。ゲストハウスによって設備に特徴がありますので比較検討することが重要です。ハトやバルーンを飛ばしたりするなど企画も施設によって様々です。新郎新婦の要望は前向きに検討してくれるのが最大の魅力です。

観光の要素をおりまぜたい

宮島や明治神宮といった有名な神社や野球場や水族館など観光施設で結婚式を挙げることができます。ゲストにはバックヤード的なところに入ることができますし、シャッターチャンスもたくさんあり珍しく印象に残ります。また、その施設で普段味わうことができない貴重な体験もできます。ホテルや食事会場とも提携していますので移動時間がありますが、披露宴まで一連の流れを行うことができます。一般のお客さんも祝ってくれますので盛り上がりますし、新郎新婦が非常に目立つ特徴があります。ゲストも観光の気分をあじわいながら祝福してくれますのでいい記念にもなります。

少人数の結婚式なら東京がオススメです。設備も整っているので、身内だけでの集まりにもすぐに対応できます。