結婚指輪のリングの素材の特徴を知りましょう!

素材の特徴を知ることが重要

結婚指輪を購入するときには当然ながら素材を選ぶことになります。結婚指輪のリングにはさまざまなものがありますが、それぞれ特徴があります。そうした特徴を把握した上で購入して彼女にプレゼントすればきっと彼女は喜ぶことでしょう。結婚指輪のリングの素材でメジャーなものは次の2つです。すなわち、ゴールドとプラチナです。特に、ピンクゴールドは近年とても高い人気があります。強度が高いこと、可愛らしさ、ファッションのコーディネイトのしやすさなどから女性に喜ばれる素材の1つです。ただし、他の素材と比較するとやや変色しやすいという注意点もあります。毎日指輪をはめている人は定期的に拭き取り作業をする必要があります。

パラジウムやチタンも素材として使われる

ピンクゴールドが素材として最も人気が高いですが、近年はパラジウムという素材も注目を集めています。この特徴は極めて硬度が高いこと、変色しにくいこと、色がプラチナに似ていることです。プラチナもゴールドと並んで人気が高いですが、いかんせん硬度がそこまで高くありません。その点、パラジウムはプラチナのようなカラーでありながら傷つきにくく、しかもリーズナブルな価格です。また、チタンもカラーバリエーションの豊富さから少しずつ人気が上昇している素材です。重さがプラチナのわずか4分の1しかありませんし、変形・変色も起こりにくくて、アレルギー反応が起こりにくいという特徴を持っています。彼女が金属アレルギーだという人にもおすすめの素材です。

結婚指輪は結婚相手に一生の愛を誓ったことの証です。指輪は結婚した時の気持ちを思い出させてくれるものです。