婚約指輪とは?結婚指輪とは違う!購入するときの2つの選択肢!

婚約指輪は結婚指輪とは違う

婚約指輪は結婚する前に婚約の証として男性が女性にプレゼントする指輪のことです。しばしば結婚指輪と混同されがちですが、結婚指輪は結婚式のときに愛の誓いをした後に男女が贈り合う指輪のことです。こうした違いがあることにまず留意しましょう。また、この婚約指輪で使用される宝石はダイヤモンドであることが多いです。統計的にも圧倒的にダイヤモンドが多く、ルビー、サファイヤ、パールなども人気がありますが、少数派です。他のカップルとは違う指輪を贈りたいという人はダイヤモンド以外の宝石がいいかもしれません。さらに、婚約指輪の相場料金は30万円前後で結婚指輪よりも高い傾向があります。結婚指輪はせいぜい20万円前後です。ちなみに、結婚指輪の費用を抑えたい人は手作りの指輪を作ることをおすすめします。自分の好きなデザインでなおかつ世界に1つだけの指輪を作成することができます。

カタログ品とオーダー品

婚約指輪を購入するときはカタログ品かオーダーメイド品かを選ぶ必要があります。カタログ品というのはカタログや店舗で陳列されている指輪のことで、いわゆる既製品のことです。統計的にはカップルの半分以上がカタログ品を贈っています。メリットとしては選びやすいこととすぐに手元に送られてくることでしょう。一方、オーダーメイド品は自分たちで素材、デザイン、宝石を組み合わせてオリジナルの指輪を作ることです。時間がかかりますが、こだわりたいカップルにはとてもおすすめです。

プロポーズに欠かせないのが婚約指輪です。ダイヤモンドをあしらったソリティアが定番となっているほか、ストレートリングやバースデーストーンを組み合わせたタイプも人気となっています。