花のイメージを伝えるのは難しい?失敗しないウエディングブーケ選び

最低限抑えておきたいポイント

実はドレスよりも素敵な結婚式のカギを握るかもしれないのがブーケですよ。頭に描いた理想のイメージを花屋さんに上手に伝えられなくてもどかしい思いをしていませんか。しかし、オーダーブーケに関する基本中の基本ですが、予定している式場に契約店以外の花の持ち込みが可能かどうか要チェックですよ。この問題がクリアできるなら、早めにフローリストを見つけていきましょう。人気のフローリストは結婚式が集中しやすい日は予約で埋まっていることが多いので、確認できたらすぐに探すのは鉄則ですよ。加えて、花は季節ものです。イメージしている花はどの季節の花なのか知っておくことも大事になります。特定の花にこだわるのなら、その花が出回りやすい時期に式の日取りを合わせるというのも一つの方法でしょう。

オーダーの際のポイント

ブーケ選びの際には、好きな花と嫌いな花はしっかりと伝えましょう。たとえ花の名前がわからないとしても、小さめの花が好き、白い花が好き等、はっきりと花の雰囲気や好き嫌いを伝えることで自分のイメージ通りのブーケが手に入るでしょう。また、予算はいくらまでかは決めておくに越したことはありませんが、値段をガチガチに決めてしまうとデザインの幅が狭くなってしまいますので、ざっくり決める程度にしておくといいですよ。打ち合わせにはなんとなくの予算を提示するつもりで臨みましょう。加えて、フローリストと合う時には、普段の自分らしい服装で行くほうが、二人の雰囲気が伝わりやすく、ブーケのテイストの大きなヒントになります。ここぞとばかりに気合を入れてあまり普段着ないような服で行くのだけは避けたほうがいいでしょう。

六本木の結婚式場は、高級感のある内装や充実した設備などに定評のある式場が多く存在し、ワンランク上の挙式を目指せます。